子育て

7カ月間の男性育休中 〜人生100年時代を見据えて仕込み、チャレンジする育休期間に

長期の育休(育児休業)いただきます

長期の男性育休(育児休業)いただきます

 
一部の方には直接お伝えさせていただきましたが、7カ月間の「育休」をとらせていただきます!

正社員として所属している会社ループスは従業員10人程度のベンチャー企業。長期間の男性育休。そもそも、育休取得自体が社内で初めてでした。

会社的にも大きな決断だったと思うのですが、相談し始めた時からすごく親身に考えてもらい、心から感謝です。

▼Facebookの投稿にも多くのコメントをいただきました…!

 
また加藤家の場合、来年4月の保育園入園のためにも、妻の茜がフリーランスとして本格的に仕事を再開する必要がありました。

0歳児を見ながら仕事に本腰を入れるというのは正直全然ムリなので、育休中の僕がなるべく子どもを見て、妻が働く時間を捻出する、というスタイルで日々過ごしています。

▼最近の様子


 

男性の育休取得率は過去最高でわずか3.16%、しかもそのほとんどが「5日未満」

そしてこの機会だからこそ、社会に対して言いたいことを少しだけ。

様々な事情があるのは承知しているつもりですが、男性の育休取得率は過去最高でわずか3.16%(16年度)、しかもそのほとんどが「5日未満」という現状は、あまりにもひどいと言わざるを得ません。

厚労省が掲げる「2020年度までに男性の育休取得率を13%にする」という目標もこのままでは達成できないでしょうし、そもそも目標数値自体が低過ぎます。

男性の育休取得がまだまだ一般的ではないからこそ、僕自身の7カ月間の育休期間中、男性育休に関して思うことももっと発信していこうと思います。

妻の茜( @AkaneSato )もこんな風に言ってますし、この記事はその第1弾ということで^^

人生100年時代を見据えて仕込み、チャレンジしていく育休期間に

また人生100年時代を見据えて、個人的にもいろいろと仕込んでいくつもりです。未来に夢を描ける社会をつくるために自分たちがやるべきこと、もっとしっかりと考えて進めていかないと…!

自分たちのこの辺りの記事も再度読み込みつつ。

▼人生100年時代の生き方と働き方。ライフシフト〜100年時代の人生戦略

▼「夫婦未来会議」―パートナーの壁を乗り越える秘訣

ということで、子どもが生まれてから初めての年末年始、そして年明けの3カ月間、いろいろとチャレンジしていく予定です。

「ひとりじゃできないこと、みんなでやる。」
「速く行きたいのなら、一人で行け。遠くへ行きたいのなら、みんなで行け。」

という言葉も、改めて大切にしていきたいなぁ。
 
ビジネスとしては引き続きループスで、NPOとしてはソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)やETIC.そしてWork Design Lab、ソーシャルシフト・ラボで。

また個人としても、妻の茜の専門分野とも関わり合いながら、セクターを越えて価値を出していけるよう、精一杯頑張ります。(育休中ですが、この記事みたいな感じを目指して 笑)

皆さん、引き続きどうぞよろしくお願いします! ご一緒できそうな機会があればぜひお声がけください!
 
…ということで、まずはこれを頑張ります。ご興味をお持ちいただける方はぜひ。

そして最近お会いできていない皆さん、ぜひお会いさせてください!(子連れでよければ^^)

今回の内容と近いテーマの記事

あわせて読みたい
働き方メディア Fledge(フレッジ)に、男性育休に関するインタビュー記事が掲載されましたインビジョン株式会社が運営する働き方メディア Fledge(フレッジ)に、夫(加藤たけし)のインタビューが掲載されました! 今年の3月まで7ヶ月間取得した男性育休(育児休業)についてお話ししています。私が育休を取れなかったので、夫に取ってもらえてすごく助かりました!育児の苦労も楽しさも共有できて、とても有意義な期間になったと思います。 ...
あわせて読みたい
これからの時代の結婚のバイブル:2人が「最高のチーム」になる― ワーキングカップルの人生戦略現実は変わってきているのに、未だに「昭和の価値観」 を持っている若い人が多いんじゃないかな…という気持ちがありました。そんな私のモヤモヤした気持ちに答えをくれたのが、2人が「最高のチーム」になる―― ワーキングカップルの人生戦略という本です。...
あわせて読みたい
「夫婦格差社会」ー データから見る二極化する日本の夫婦像労働経済学を専門とする橘木先生の新刊のテーマが「夫婦格差」だったので気になって読んでみました。格差が拡大し、二極化する日本の夫婦。その鍵を握るのは妻だ。女性と仕事の関係から未婚・離婚問題まで、データで探る日本の夫婦像。...
あわせて読みたい
企業、行政、非営利組織の垣根を超えて活躍するトライセクター・リーダー(Tri-sector Leader)とは?トライセクター・リーダー(Tri-sector Leader)とは、民間・公共・社会の3つの垣根を超えて活躍する人材を言うそうです。必ずしもこの3つに所属している(していた)必要はなく、2つ、または1つのセクターに身をおきながら、他のセクターに属する人と協同してセクター横断的な課題に取り組む人もトライセクター・リーダー...
あわせて読みたい
サンフランシスコ・シリコンバレーで感じた「未来」【講演スライド】今回の話は、2025年の社会を予測して書かれた「ワーク・シフト」を軸にまとめました。渡米直前に本書を読んだのですが、滞在中、「いま経験してるこれって、ワークシフトで描かれていた"未来"そのものだ」感じることが多々あったためです。サンフランシスコ近辺は「未来が偏在している場所」なのかもしれません。...
あわせて読みたい
”Think different”な結婚パーティーを終えてご報告が遅くなってしまい恐縮ですが、加藤たけしと佐藤茜は、ちょうど1週間前に結婚パーティーを終えました。地上220メートルでのウェディングということで、池袋サンシャイン60の59階にある オーシャン・カシータにて…...
あわせて読みたい
1日1時間1分1秒を大切に生きる
改めて心に誓った”Think different”妻の茜がサンフランシスコへ旅立ち、10月5日はスティーブ・ジョブズの1周忌。10月9日は”Think different”を掲げた自分たちの結婚パーティーからちょうど1年でした。ジョブズの1周忌に再放送された「NHKスペシャル 世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ」を見て......
あわせて読みたい
「未来政府」―起業家 兼 カリフォルニア州副知事が目指す新しい民主主義の形(書評)「未来政府」は、ギャビンが自身の政治家としての経験や、1年半かけて全米をまわって起業家、政治家、メディア関係者、研究者などと対話を重ねていく中で考えた未来の政府や民主主義のあり方についてまとめた本です。...
あわせて読みたい
世界の最新事例が結集したPersonal Democracy Forum帰国報告会 〜テクノロジーで変える政治と市民社会【イベントレポート】ニューヨークで毎年開催されている政治・行政・市民参画とテクノロジーに関する国際会議「パーソナル・デモクラシー・フォーラム(Personal Democracy Forum)」。今年のテーマは「シビックテック」でした。その帰国報告会の内容をダイジェストでご紹介します。...
あわせて読みたい
政治とマーケティングについて知るための本まとめアメリカ滞在がきっかけで、政治とマーケティング・PRに関連する本を読むようになったので、勉強になったものをいくつか紹介したいと思います。(随時更新予定)...
あわせて読みたい
スタートアップ行政・宮崎県日南市が若手の民間人登用で推進するマーケティング施策マーケティング専門官、テナントミックスサポートマネージャー、まちなみ再生コーディネーターをはじめ、若き日南市長・崎田氏のもとに集う皆さんは専門性と信頼を兼ね備えた素晴らしい方ばかり。新しいチャレンジが次々に成果を生んでいる日南市の取り組み、そしてキーパーソンを紹介します。...
あわせて読みたい
シビックテックフォーラムで語られた、市民・政府・企業の3つの視点で見るテクノロジーの未来
ソーシャル・インパクト・ボンド、Local GovTech、未来政府、シェアリングエコノミーなどが語られたシビックテックフォーラム 2017 #civictechjp 【イベントレポート】昨年は僕も「シビックテックの資金調達環境、”今” と “これから”」というセッションで登壇させていただいたシビックテックフォーラム、今年はメディアパートナーとしてご招待いただきました。Local GovTechや未来政府など、カンファレンスの様子を簡単にレポートします。...

NPOのWebマーケティングに関して

以下は以前講演させていただいたNPO向けの講演スライドです。微力ではありますが、できる範囲でNPOの方々のお力になれればと思っていますので、何かあればいつでもお声がけください。


NPOサマースクール 公開用資料

加藤たけし&佐藤茜(@AkaneSato)夫婦の情報発信

インターネット、マーケティング、テクノロジー、コミュニティデザイン、NPO、地域活性、政治・行政、海外、新しい働き方などのテーマにおいて、加藤たけし&佐藤茜の夫婦2人で情報発信しています。

更新情報は以下からもぜひ。

 
最後になりますが、この記事の内容に共感していただけた場合は、Facebook、Twitter、Google+、はてブ等でお知り合いの方に共有いただけると嬉しいです!

これからもできる範囲で記事執筆を頑張りますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ABOUT ME
加藤 たけし
ソーシャルメディアのビジネス活用コンサルティングを手がける株式会社ループス・コミュニケーションズ所属。ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)パートナー。日本最大規模の読書コミュニティ・読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)発起人 。1983年生まれ。2006年SFC卒。座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる。」 より詳細なプロフィールや連絡先はこちら ↓
関連記事