• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


911

あの日を忘れないために…「911メモリアル・ミュージアム」

 
夏休みに1週間、夫婦2人でニューヨークに行ってきました。もうすぐ9月11日ということで、その際に訪問した 911メモリアル・ミュージアム(9/11 Memorial Museum) について、写真を中心にご紹介したいと思います。
 
911メモリアル・ミュージアムは、2001年の9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ事件で倒壊したワールド・トレード・センター跡地(グラウンド・ゼロ)にできた記念館です。

この動画には、911メモリアル・ミュージアムの建設が始まった2004年から完成に至る2014年までが記録されてます。グラウンド・ゼロを撮影し続けた10年間が2分間にまとまった映像、見入ってしまいます。
 
慰霊碑とその周りの公園(下の写真)ができたのは2011年です。

911
 
予約をしないで行ったこともあり、結構並びました。入り口には空港にあるようなセキュリティチェックも。

また、エントランスから視界に入ってくる地図には、テロに使われた飛行機の当日の経路が記されています。

911
 
崩壊前のツインタワーと事故当日の写真。

911
911
 
中はかなり地下深いです。この写真の真ん中にあるのは「最後の柱」。事件後の廃墟に最後まで残っていた柱です。

911
 
近くで見ると、写真やメッセージがたくさん貼ってあることが分かります。

911
 
当時の尋ね人の掲示の再現。

911
 
衝撃や熱でねじ曲がった鋼鉄の柱もいくつか展示してありました。

911
 
落ちてきた瓦礫により潰れてしまった消防車。ニューヨーク市消防局では343人の現役消防士が亡くなったそうです。

911
 
「生還の階段(Survivors’ Stairs)」と言われている、世界貿易センター北端にあったヴェシー・ストリート階段。この階段を通ったために生き残れたという方が何百人もいるという、まさしく生と死の境目となった階段です。

911
911
 
古代ローマの詩人、ウェルギリウスの言葉「何一つ、あなたを時間の記憶から消すことはできない」。

911
 
オサマ・ビン・ラディンの隠れていた家のレンガ。その他、テロを起こした犯人たちが空港のゲートを怪しまれることなく通過するところの映像や、アルカイダに関する説明などもありました。

911
 
撮影禁止のコーナーもあり、そこでは当時のニュース映像や写真、犠牲になった方々の思い出の品などが展示してありました。飛行機がビルに追突する映像を見ると、当時の衝撃が蘇ってきます。

少し驚いたのは、燃え盛るビルの中で行き場をなくして、飛び降りてしまった人々が落下しているところの写真が展示してあったこと。日本だったらこういう展示はあまり見ないのではないかと思います。

911
 
手書きのメッセージを入力できるパネル。メッセージを書いた後、自分の住んでいるところを入力すると、マップ上のその場所にメッセージが浮かび上がる仕様です。

911
911
 
なお、ミュージアム訪問の際は、日本語にも対応したオーディオガイドアプリがあるので、事前にダウンロードしていくことをオススメします。施設内にもwifiは飛んでいたのですが、そんなに速くなかったので…

このアプリが便利なのは、施設内のマップと、各展示の解説があること。日本語で各展示の解説を聴きながら館内をまわることもできますし、音声なしで字幕を読むことも可能で便利です。

ちなみに、英語版はロバート・デ・ニーロが朗読しています。

911

より詳しくメモリアル内の説明を見ることができる「9/11 Memorial Guide」「Explore 9/11」というアプリもあり、実際に足を運べない方でもメモリアル訪問を疑似体験していただけます。

アプリのダウンロードはこちらからどうぞ。
https://www.911memorial.org/apps

 
 
また、グッズを買えるショップもあります。この写真は「サバイバー・ツリー(Survivor Tree)」の置物。

911

ツインタワーが崩れた場所で生き残っていた木だそうで、実際にミュージアムの外の公園で目にすることができました。

東日本大震災の「奇跡の一本松」を彷彿とさせるストーリーですね。

911
 
ショップで買い物した際に、レジで「1ドル寄付しませんか?」と聞かれ、OKすると1ドル加算されます。クレジットカード社会のアメリカだと寄付もこういう方法が多いのかもしれません。
 
その他、グラウンド・ゼロの復旧を追ったドキュメンタリーの上映コーナーもありました。

このように、メモリアル・ミュージアムは盛りだくさんの内容で、じっくり見たら3,4時間くらいかかりそうです。
 
世界中に衝撃が走ったあの日からもう14年が経ちますが、これからも忘れてはいけない出来事だと思います。911メモリアル・ミュージアム、ニューヨークに行かれる方はぜひ訪問してみてください。

National September 11 Memorial & Museum | World Trade Center Memorial
http://www.911memorial.org/

 
 
あと、こちらはメモリアル隣に建設されたワン・ワールド・トレード・センター(One World Trade Center)。アメリカで一番高いビルです。メモリアルに行かれた際はこちらもぜひ。

one world trade center
 
 
その他、今回のニューヨーク滞在の写真はこのGoogleフォトにまとめてみました。よろしければご覧ください。→ Google フォト
 
そして、ニューヨーク旅行の参考にした本はこちらに以前まとめました。こちらもよろしければあわせてぜひ。

■ニューヨークの魅力がぎっしり詰まったおすすめの本7冊 +α
http://atcafe-media.com/2013/04/21/newyorkbooks/
 
 
<今回の記事と近いテーマのブログ記事>

アメリカで起きている生き方の変革とは?ー「ヒップな生活革命」を読んで

サンフランシスコ・シリコンバレーで感じた「未来」

サンフランシスコのサードウェーブコーヒー5選+テック系スタートアップとのつながり

ニューヨークの雰囲気を感じる東京のカフェ5選

ニューヨークの魅力がぎっしり詰まったおすすめの本7冊 +α
 
 


インターネット、マーケティング、テクノロジー、コミュニティデザイン、NPO、地域活性、海外、新しい働き方などのテーマにおいて、加藤たけし&佐藤茜の夫婦2人で情報発信しています。

更新情報は以下からもぜひ。



follow us in feedly ← RSS登録はこちら


About The Author

佐藤 茜

サンフランシスコのbtrax社のマーケティング部門でのインターンを終え、2013年1月に日本に帰国。現在は都内でマーケティング・コミュニケーション担当として勤務。 より詳しいプロフィールはこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です