社会

Facebook社CEOのマーク・ザッカーバーグが毎年決めている「個人的なチャレンジ」

Facebook

秋も深まり、今年もそろそろ終わりだな、今年は何をしたかな…と、この1年間の振り返りモードに入りつつあります。

そんな時に目にしたこのニュース。Facebook社CEOのマーク・ザッカーバーグが中国語で対談を行ったという話です。

ザッカーバーグ氏は22日に同大学で講演し、30分間の質疑応答をほとんど中国語でこなした。

CNN.co.jp : ザッカーバーグ氏が中国語で講演、聴衆わかせる より

ザッカーバーグは、奥さんが中国人ということもありますが、2010年に「中国語を学ぶ」という目標をたててコツコツと勉強していたみたいです。私は中国語は分からないのですが、英語の場合で考えると、ネイティブと質疑応答するって結構なレベルじゃないかなと。

彼は毎年「個人的なチャレンジ」を決めて、いろいろな事に取り組んでいるとのこと。以下、分かる範囲でザッカーバーグの今までの目標を挙げておきます。
 

2009年 毎日ネクタイをつけて会社に行く
2010年 中国語を学ぶ
2011年 自分で殺した動物しか食べない
2012年 毎日コードを書く
2013年 毎日会社の外で新しい人と会う
2014年 毎日誰かに感謝の気持ちを綴った手紙(メール)を送る

 

30歳で時価総額約20兆円の会社のCEOをしているザッカーバーグが新しい言語を習得しているという事実を考えると、私たちは「時間がない」とか言っていられないですね。今年もあと2ヶ月あるので、がんばろうと思います。

そういえば最近ザッカーバーグ、日本に来ていましたね。この時はネクタイをしていましたが、普段はTシャツが多いようです。2009年のチャレンジは「毎日ネクタイをつけて会社に行く」でしたが、やっぱりネクタイは性に合わなかったんでしょうね(笑)

参考記事:

Facebook Founder Mark Zuckerberg Puts the Rest of Us to Shame by Speaking Fluent Chinese – ABC News

Mark Zuckerberg Speaks Mandarin, Blows Everyone’s Mind | WIRED

http://www.quora.com/What-annual-self-improvement-challenges-has-Mark-Zuckerberg-taken-on

 

<今回の記事と近いテーマのブログ記事>

米Facebook本社で感じた「ハッカーウェイ」

サンフランシスコ・シリコンバレーで感じた「未来」

人生は短い…人の一生をテーマにした映像5選

ABOUT ME
佐藤 茜
1歳児の母、フリーランスのデジタルマーケター。 分野はNPO/政治/行政が中心。 大学卒業後、人材系ベンチャーで新規事業立ち上げやマーケティングを担当。ニューヨーク留学、東北復興支援NPO、サンフランシスコのクリエイティブ・エージェンシーでのインターン、衆議院議員の広報担当秘書等を経て独立。 より詳しいプロフィールはこちらから↓
関連記事