社会

サンフランシスコ・シリコンバレーで感じた「未来」【講演スライド】

先日、Room to Read(ルーム・トゥ・リード)さんのチャリティ勉強会にて、夫婦でお話させていただく機会がありました。

「海を越えて絆を深めるソーシャル夫婦のライフスタイル」というタイトルで、夫婦で運営しているメディアや参加している活動等についてご紹介させていただきました。
(「ソーシャル夫婦」と言われることが多いですが、自分たちで名乗っている訳ではないです笑)
 
 

サンフランシスコ・シリコンバレー滞在レポート

 
私からは去年末に3ヶ月間滞在したサンフランシスコやシリコンバレーで感じたことを中心に話しさせていただいたのですが、その際に使ったスライドはこちら。

 

(スライド中にあるURLは押すとそのまま外部の記事に飛びます)

 
 
今回の話は、2025年の社会を予測して書かれた「ワーク・シフト」を軸にまとめました。渡米直前に本書を読んだのですが、滞在中、「いま経験してるこれって、ワークシフトで描かれていた『未来』そのものだ」感じることが多々あったためです。

サンフランシスコ近辺は「未来が偏在している場所」なのかもしれません。
 

3ヶ月間と短い期間で感じたことなので、もっと長期間いたらまた見える景色も変わってくるんだろうなぁと思います。

スライドを作りながら改めてこの滞在を振り返っていましたが、いろんなことがあって本当に楽しく刺激的でした。インターン先のbtraxの皆様、ありがとうございました。

スライドのみで話がないと分かりにくいので、気になる点がある方は直接お会いした際にぜひ。
 

その他、以前にこのブログで書いたサンフランシスコ・シリコンバレーの雰囲気が分かる記事は「サンフランシスコ」タグで読めます。

http://atcafe-media.com/tag/サンフランシスコ/

 

私たちの話のあとの懇親会で振舞われた主催者の方の手料理が本当に美味しくて感動でした!当日の収益はルーム・トゥ・リードさんへの寄付になるということで、少しですがお役に立てたようでよかったです。

ご参加いただいた皆様、イベント企画いただいたルーム・トゥ・リードのスタッフの皆様、ありがとうございました。
 
 
<今回の内容と近いテーマの記事>

アメリカで起きている生き方の変革とは?ー「ヒップな生活革命」を読んで

【サンフランシスコ滞在レポート】Apple、Facebook、Google、そしてスタンフォード大などシリコンバレーの名所めぐり

サンフランシスコのサードウェーブコーヒー5選+テック系スタートアップとのつながり

世界の最新事例が結集したPersonal Democracy Forum帰国報告会 〜テクノロジーで変える政治と市民社会【イベントレポート】

シビックテックフォーラムで語られたスタートアップの育成環境、シビックテック大国のエコシステムづくり【イベントレポート】

テクノロジーやニューメディアで世界的な社会課題をいかに解決できるか。「Social Good Summit(ソーシャルグッド・サミット)」東京ミートアップ【イベントレポート】

コミュニティマネージャー・ミートアップで語られた欧米の最新トレンド、6000人のコミュニティからの学び【講演スライドまとめ】

ABOUT ME
佐藤 茜
1歳児の母、フリーランスのデジタルマーケター。 分野はNPO/政治/行政が中心。 大学卒業後、人材系ベンチャーで新規事業立ち上げやマーケティングを担当。ニューヨーク留学、東北復興支援NPO、サンフランシスコのクリエイティブ・エージェンシーでのインターン、衆議院議員の広報担当秘書等を経て独立。 より詳しいプロフィールはこちらから↓
関連記事
社会

「ほしい未来は自分たちでつくる。」日本の未来をもっと素敵にするためのソーシャルデザイン事例が詰まった1冊からさらに厳選した9事例

2013/05/08
アットカフェ
マイナスをゼロにするだけでなく、さらにプラスにまでしていくソーシャルデザインの発想は僕もすごく大切にしているのですが、「日本をソーシャル …