子育て

共働き夫婦が仕事と育児を両立させるための5つのパターン

共働き

子育てと仕事のバランスに悩むパパ・ママが増えている

子どもが保育園に通い始めてから2ヶ月経ち、少しずつ生活のサイクルが安定してきました。

共働き子育ては大変だと聞いていたので、けっこう心の準備をしていたつもりだったのですが、思ってた以上に心理的に余裕がない感じです。

周りの共働き子育て家庭も大変そうなところが多いのですが、分類するとだいたい以下のような生活パターンで、子育てと仕事のバランスを保っているようです。

  1. が近くに住んでいてかなりサポートしてくれる
  2. 夫婦どちらかが時短勤務やパートタイムで働く時間が短い
  3. 夫婦どちらかが自営業やフレックスタイム制で時間に融通がきく
  4. 夫婦ともフルタイムでたまに残業ありだけど、体力勝負でがんばる
  5. ベビーシッター等の外部サービスをフル活用している

うちは2と3の中間のパターンで、私が働く時間が短いフリーランス、夫はフレックスタイム制の会社員。私は出産前、フルタイムの公務員だったのですが、いろいろ考えた結果、この形になりました。

私の周りは、1の家庭が多いようです。親が遠方に住んでいても、週何日か泊まりに来てもらう、というパターンも聞いたことがあります。

この中で一番避けたいと思っていたのは4です。雑誌などで、ワーキングマザーの24時間的な特集を見ると、睡眠時間が短い人が多く、とても真似できないと思うことがよくあります。
睡眠時間を削ると心身への悪影響がじわじわ蓄積されていきそうで、短期間なら大丈夫でも長期的には続かないと思っています。

5は、かなり世帯の所得が高い場合や海外に住んでいる場合にしか実行できないですが、比較的低価格でベビーシッターさんをお願いできるキッズライン等のサービスもでてきているので、今後広がっていく選択肢かもしれません。

夫婦で、無理のない共働き子育ての形を模索する

私の場合、とにかく心理的な余裕を持って子どもと夫に接したかったのでいまの形を選んだのですが、仕事の依頼をいただいてもお断りすることが多く、もっと働きたいな、稼ぎたいなと思うこともしばしば。

ただ、優先順位を決めてそれにそった生活ができているので、あまり後悔はないです。

また、今回は共働き家庭の話をしましたが、もちろん、どちらかが主婦(主夫)になるという選択肢もありだと思います。

人生100年という長い期間を、無理せず充実させるにはどうしたらいいか?という課題は、今後ますます多くの人の関心事になると思います。
夫婦の場合、この課題にチームで取り組めるからいいですよね。
お互い、いつどのくらい働くか、お金や住む場所はどうするか…そういったことを、長期の視点で一緒に考えていける夫婦でいたいものです。

最期に、最近Twitterで知った、コカコーラのCEOをしていたBryan Dysonさんの名言を紹介して終わります。みんなが疲弊せず、子どもと心のゆとりを持って暮らせるようになればいいですね。

人生は5つのボールをジャグリングしているようなものだ。その5つとは、仕事、家族、健康、友達、精神だ。
このうち、仕事のボールだけがゴムで出来ている。落としたとしてもちゃんとあなたのところに同じ強さで戻ってくる。
しかし他の4つは違う。これらはガラスのボールだ。落としてしまえば傷がつくかもしれないし、最悪割れてしまうかもしれない。決して元のままにはならないのだ。
これが現実だ。この現実に向き合って生きていかなくてはならない。

『人生は5つのボール』、コカ・コーラCEOのスピーチが素敵だより

※この記事は以前noteに投稿した記事をリライトしたものです。

今回の内容と近いテーマの記事

あわせて読みたい
人生100年時代の生き方と働き方。ライフシフト〜100年時代の人生戦略(書評)読んだ後、これから自分がどう生きていけばいいかの道筋がよりクリアになり、未来により希望が持てるような、そんな気分になる本でした。本書は基本的に、人生100年時代を迎えるにあたってのポジティブな側面に光を当てていますが、もちろん課題についても言及しています。...
あわせて読みたい
ビジネスリーダー達の子育て論をまとめた「子育て経営学」は仕事も子育ても充実させたいパパ・ママにおすすめ「夫婦で協力しながら、仕事と子育て、どちらも充実させたい!」。私の周りにはこう考えているパパ・ママが多いです。最近読んだ「子育て経営学」という本は、そんな子育て世代に最適な一冊でした。...
あわせて読みたい
働き方メディア Fledge(フレッジ)に、男性育休に関するインタビュー記事が掲載されましたインビジョン株式会社が運営する働き方メディア Fledge(フレッジ)に、夫(加藤たけし)のインタビューが掲載されました! 今年の3月まで7ヶ月間取得した男性育休(育児休業)についてお話ししています。私が育休を取れなかったので、夫に取ってもらえてすごく助かりました!育児の苦労も楽しさも共有できて、とても有意義な期間になったと思います。 ...
あわせて読みたい
映画「Most Likely To Succeed」ーこれからの世界で生き抜く子どもを育てる新しい学校教育とは?「Most Likely To Succeed」は、「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマが設定されたドキュメンタリー映画です。...
あわせて読みたい
子どもの脳はどう育つ? 脳科学で赤ちゃんの成長を解説した育児書「パパは脳研究者」子どもの脳の発達について詳しく知りたいなと思っていたのですが、ぴったりな本が出たのでさっそく読みました。脳研究者の池谷裕二さんの新刊「パパは脳研究者」です。池谷さんが、第一子である娘さんの誕生から4歳までの成長を脳科学の観点から綴った、育児記録&脳の働きについての解説書です。...
あわせて読みたい
妊娠・出産・子育てに関する、夫婦で一緒に読みたい本3選初めての妊娠・出産で分からないことだらけだったので、妊娠・出産・子育てをテーマにした本やマンガをよく読んで心の準備をしてきました。何十冊か読んだ中で、特に気に入って何度も読み返した本をまとめてみました。つわりで体調が悪い時や産後の忙しい時にも読みやすい本だと思います。...
ABOUT ME
佐藤 茜
1歳児の母、フリーランスのデジタルマーケター。 分野はNPO/政治/行政が中心。 大学卒業後、人材系ベンチャーで新規事業立ち上げやマーケティングを担当。ニューヨーク留学、東北復興支援NPO、サンフランシスコのクリエイティブ・エージェンシーでのインターン、衆議院議員の広報担当秘書等を経て独立。 より詳しいプロフィールはこちらから↓
関連記事