• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 

サンフランシスコ生まれのチョコレート「TCHO(チョー)」

 
サンフランシスコのお土産といえば、ギラデリのチョコレートが有名ですよね。でも実は、他にもサンフランシスコ生まれのチョコレートがあるんです。特にテック・スタートアップ系の方におすすめのチョコレートなので、少し詳しくご紹介したいと思います。

そのチョコレートのブランド名はTCHO。「Technology meets CHOcolate」から来ている名前で、「チョー」と発音するそうです。

サイトはこちら。始めはネットでのみ販売していたそうですが、今はサンフランシスコのスーパーなどでも買えます。
http://www.tcho.com/
 
 

「TCHO」のチョコレートはテック・スタートアップ系の方におすすめ

 
TCHOは、NASAのスペースシャトルの技術者だったTimothy Childsと、チョコレート業界で45年以上の経験を持つKarl Bittongが2005年に設立。現在はWIRED誌の共同設立者だったLouis RossettoがCEOをしています。
 
TCHOにはなんと、Joiこと伊藤穰一さんも出資しているそうです。
こちらはJoiさんのブログ。「非インターネット関連のものに僕が投資するのは珍しいが、TCHOはその一つ」とおっしゃっていますね。

参考:秘密のチョコレート工場TCHOから、ベータ版が到着- Joi Ito’s Web

 

チョコの味ですが、甘さ控えめで香りもよくとても美味しいと思います。パートナーのカカオ豆農家と密接に関わりながらチョコレートを作り上げていっているとのことで、クオリティ高いです。
 
パッケージのデザインにもこだわっていて、アステカ民族などの間でカカオ豆が貨幣として使われていた事にちなんで、紙幣っぽいデザインになったとか。詳しくはこちらの映像にまとまっています。

How do you build a chocolate brand?


 

TCHOのチョコレート工場見学ツアーも開催中

 
また、サンフランシスコのPier 17にあるTCHOの工場では、予約制で無料の工場見学ツアーも開催しています。私が行った日は残念ながら工場は休みだったのですが、工場に併設されたカフェとショップは営業していました。
 

 

 
カフェでホット・チョコレートを購入。美味しかったです。


 
テイスティングもできます。


 
アーティストとコラボレーションして作られたパッケージデザイン。


 
サンフランシスコ/シリコンバレーに行かれる方に、ちょっとおしゃれなお土産としてTCHOのチョコレート、おすすめです。
夫のたけしも、会社へのお土産として買っていました。
 
 
<この記事をお読みになった方へのオススメ書籍>

WIRED VOL.12は「コーヒーとチョコレート」特集!Blue Bottle Coffee(ブルーボトル・コーヒー)が「コーヒー界のアップル」と呼ばれるまでになったその背景や魅力、そしてTCHO(チョー)やSight Glass Coffee(サイトグラス・コーヒー)など、コーヒーとチョコを“ハック”した6つのスタートアップが紹介されてます。
詳細→ http://wired.jp/magazine/

<今回の内容と近いテーマの記事>

サンフランシスコ・シリコンバレーで感じた「未来」

アメリカで起きている生き方の変革とは?ー「ヒップな生活革命」を読んで

【サンフランシスコ滞在レポート】Apple、Facebook、Google、そしてスタンフォード大などシリコンバレーの名所めぐり

サンフランシスコのサードウェーブコーヒー5選+テック系スタートアップとのつながり

ニューヨークの雰囲気を感じる東京のカフェ5選

ニューヨークの魅力がぎっしり詰まったおすすめの本7冊 +α

ハワイで美味しいアサイーボウルが食べられるお店5選+東京でアサイーボウルが食べられるお店
 
 
 




以下のTwitterやFacebookアカウントで、インターネット、マーケティング、テクノロジー、コミュニティデザイン、NPO、地域活性、海外、新しい働き方などのテーマにおいて、加藤たけし&佐藤茜の夫婦2人で情報発信しています。
ぜひフォローしてみてください!
 


follow us in feedly ← RSS登録はこちら

Tagged with:
 
About The Author

佐藤 茜

サンフランシスコのbtrax社のマーケティング部門でのインターンを終え、2013年1月に日本に帰国。現在は都内でマーケティング・コミュニケーション担当として勤務。 より詳しいプロフィールはこちらから↓

2 Responses to ギークのためのチョコレート。サンフランシスコ生まれの「TCHO」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です