• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

コトラー教授を迎えて広島で開催された「国際平和のための世界経済人会議」

 
マーケティングの世界的権威である経営学者フィリップ・コトラー教授を迎え、国際平和を願う経済人が広島で一堂に会し、「国際平和のための世界経済人会議」が10月14日〜15日の2日間にわたって開催中です。

平和のためのマーケティング〜広島県主催「国際平和のための世界経済人会議」 
この貴重な機会にご招待いただき、妻の茜( @AkaneSato )と夫婦2人で参加しています。

コトラー教授の「平和のためのマーケティング」というタイトルの基調講演をはじめ、マーケティングの活用により、ビジネスを通した平和構築の取り組みの促進策を探るためのプログラムがみっちり組まれた2日間。

各界のオピニオンリーダーや社会貢献担当者など、企業幹部層・NPO / NGO関係者200名以上が広島に集っており、非常に刺激的な場になっています。
 
ということで、本日午前中までプログラムが目白押しなのですが、昨日のセッションに関して、簡単な速報レポートを書こうと思います。

各セッションのタイトルと登壇者名、そしてTwitterやFacebookのまとめが中心となりますが、まずは形としてまとめておくことが重要だと思っていますので(^^;)
(embedを使わせていただいた皆さま、ありがとうございます!)

■ 基調講演:平和のためのマーケティング
フィリップ・コトラー教授
 
■ 非人道兵器廃絶のためのキャンペーン
戦争の手段である各種の非人道兵器の禁止をめざすキャンペーンは、平和のためのキャンペーンの大きな潮流を作ってきました。Session1.では、各プレイヤーの戦略を振り返り、今後の展望を議論します。

鬼丸 昌也 (認定NPO法人テラ・ルネッサンス 創設者・理事) ※モデレーター
阿部 信泰 (内閣府原子力委員会委員、元軍縮担当国連事務次長)
土井 香苗 (国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表)
目加田 説子 (中央大学総合政策学部 教授)
Allison Pytlak (Advocacy and Policy Specialist of Control Arms)
Jerry White (ノーベル平和賞受賞者・アショカ上級フェロー)
 
■ 平和キャンペーンのためのコミュニケーション・デザイン
平和分野のキャンペーンにおいて、クリエイティブやデザイン、広告・PR等のコミュニケーション戦略の知見がどのように活用しうるのかについて論じます。

伊藤 剛 (asobot inc. 代表取締役) ※モデレーター
林 絢子 (公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン ファンドレイジング部 マネジャー)
Jim W. Harff (Co-Founder, President and CEO of Global Communicators)
Michael Peng (Co-founder and co-Managing Director of IDEO, Japan)
Scott Nolan Smith (Founder & Board Member, Digital Diplomacy Coalition/ Associate Director of Portland)
 
■ 平和に貢献するソフトパワー・ビジネス
諸外国とのポジティブな関係に役立つ、教育やコンテンツ産業などのソフトパワーを通じた平和実現について議論します。

加治 慶光(アクセンチュア株式会社 チーフ・マーケティング・イノベ―ター)
塩沼 亮潤 大阿闍梨(慈眼寺 住職 )
鈴木 寛(東京大学・慶應義塾大学 教授)
孫 泰蔵(Mistletoe 株式会社 代表取締役社長・CEO)
 
■ 世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーズとの対話
ヤング・グローバル・リーダーズ(世界経済フォーラムが指名する40歳以下のリーダー)約20人が、平和実現のために何が出来るかを,日本及び広島のリーダーと議論します。

竹内 弘高 (ハーバード・ビジネス・スクール教授) ※モデレーター
 
■ 平和とマーケティング
江端 浩人 (株式会社アイ・エム・ジェイCMO/ 事業構想大学院大学教授) ※モデレーター
小松原 洋 (株式会社リコー新興国事業センターシニア・スペシャリスト)
髙島 宏平 (オイシックス株式会社代表取締役社長)
徳力 基彦 (アジャイルメディア・ネットワーク株式会社取締役CMO

(敬称略)

※ 今日のセッションは全てライブ配信が予定されているようです。ご興味をお持ちいただける方は、以下記事で各セッションを紹介していますので、そちらからライブ配信を視聴していただければと思います。

<参考記事>
【ライブ配信あり】平和のためのマーケティング! 広島県主催「国際平和のための世界経済人会議」に夫婦2人で参加します #WBCWP2016

 


 

フィリップ・コトラー教授の基調講演も!「国際平和のための世界経済人会議」1日目午前のセッション

 
▼動画アーカイブ

平和のためのマーケティング【基調講演】:フィリップ・コトラー教授

 


 

非人道兵器廃絶のためのキャンペーン

 
戦争の手段である各種の非人道兵器の禁止をめざすキャンペーンは、平和のためのキャンペーンの大きな潮流を作ってきました。Session1.では、各プレイヤーの戦略を振り返り、今後の展望を議論します。

鬼丸 昌也 (認定NPO法人テラ・ルネッサンス 創設者・理事) ※モデレーター
阿部 信泰 (内閣府原子力委員会委員、元軍縮担当国連事務次長)
土井 香苗 (国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表)
目加田 説子 (中央大学総合政策学部 教授)
Allison Pytlak (Advocacy and Policy Specialist of Control Arms)
Jerry White (ノーベル平和賞受賞者・アショカ上級フェロー)


 
 

世界経済フォーラムが指名する40歳以下のリーダーも集結!「国際平和のための世界経済人会議」1日目午後のセッション

 
▼動画アーカイブ

平和キャンペーンのためのコミュニケーション・デザイン

 
平和分野のキャンペーンにおいて、クリエイティブやデザイン、広告・PR等のコミュニケーション戦略の知見がどのように活用しうるのかについて論じます。

伊藤 剛 (asobot inc. 代表取締役) ※モデレーター
林 絢子 (公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン ファンドレイジング部 マネジャー)
Jim W. Harff (Co-Founder, President and CEO of Global Communicators)
Michael Peng (Co-founder and co-Managing Director of IDEO, Japan)
Scott Nolan Smith (Founder & Board Member, Digital Diplomacy Coalition/ Associate Director of Portland)


 

平和に貢献するソフトパワー・ビジネス

 
諸外国とのポジティブな関係に役立つ、教育やコンテンツ産業などのソフトパワーを通じた平和実現について議論します。

加治 慶光(アクセンチュア株式会社 チーフ・マーケティング・イノベ―ター)
塩沼 亮潤 大阿闍梨(慈眼寺 住職 )
鈴木 寛(東京大学・慶應義塾大学 教授)
孫 泰蔵(Mistletoe 株式会社 代表取締役社長・CEO)


 

世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーズとの対話

 
ヤング・グローバル・リーダーズ(世界経済フォーラムが指名する40歳以下のリーダー)約20人が、平和実現のために何が出来るかを,日本及び広島のリーダーと議論します。

竹内 弘高 (ハーバード・ビジネス・スクール教授) ※モデレーター


 

平和とマーケティング

 
江端 浩人 (株式会社アイ・エム・ジェイCMO/ 事業構想大学院大学教授) ※モデレーター
小松原 洋 (株式会社リコー新興国事業センターシニア・スペシャリスト)
髙島 宏平 (オイシックス株式会社代表取締役社長)
徳力 基彦 (アジャイルメディア・ネットワーク株式会社取締役CMO


 
特設サイト:http://2016worldbusinessconference-for-worldpeace.strikingly.com/
 


 
以上、「国際平和のための世界経済人会議」 in 広島、初日の速報レポートでした。

その他、ランチタイムは教育分野で活躍する若きリーダーの皆さんとご一緒できたり、夜にリーガロイヤルホテル広島で開催されたレセプションパーティーも非常に充実したものでした。

乾杯発声はコトラー教授!

コトラー教授による乾杯発声
 
現職のアメリカ大統領が初めて被爆地を訪問した歴史ある年に、まさにその舞台である広島で、こうした貴重な議論に参加できたこと、とても嬉しく思っています。

本日のセッションも楽しみです^^

※ 今日のセッションは全てライブ配信が予定されているようです。ご興味をお持ちいただける方は、以下記事で各セッションを紹介していますので、そちらからライブ配信を視聴していただければと思います。

<参考記事>
【ライブ配信あり】平和のためのマーケティング! 広島県主催「国際平和のための世界経済人会議」に夫婦2人で参加します #WBCWP2016

 
 
この記事の最後に、改めて。

政府にしか解決できない課題は年々減っており、民間や個人が関わり、解決する課題が増えてきていると感じます。また、グローバル化等でビジネスが複雑化し、企業間の競争も激化しているために、必要とされる人材の幅も広がっています。

企業、政府、非営利組織の境界は年々曖昧になってきており、持続的な発展のためには全てのセクターでの知見を集結させることが必要になってきているのだと思います。

企業、政治・行政、非営利組織の垣根を超えて活躍するトライセクター・リーダー(Tri-sector Leader)とは? より

妻の茜(@AkaneSato)もこう書いてますし、僕たち夫婦は2人でトライセクターでより活躍できるよう、日々頑張っているつもりです。

ビジネスとしては引き続きループスで、NPOとしてはソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)やETIC.で。また個人としても、妻の茜の専門分野とも関わりながら、セクターを超えて価値を出せるよう、加速していきたいと思います。

皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします!
 
 
<NPOのWebマーケティングに関して>

以下は昨年の夏に登壇したNPOサマースクールの講演スライドです。微力ではありますが、できる範囲でNPOの方々のお力になれればと思っていますので、何かあればいつでもお声がけください。


NPOサマースクール2015 公開用資料
 
 
<今回の内容と近いテーマの記事>

社会課題の解決に取り組むキャンペーンの企画展「世界を幸せにする広告 ―GOOD Ideas for GOOD―」

Twitter JapanのNPO向けセミナー「NonprofitsとTwitter」【イベントレポート】

日本初&2番目のGoogle Ad Grants Pro 認定団体が登壇! NPOの広告活用最前線

アジア最大の「ファンドレイジング・日本2016」で司会をします

NPO法人 e-Education とソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)、2年間にわたる協働を終えて

スタートアップ行政・宮崎県日南市が若手の民間人登用で推進するマーケティング施策

NPOマーケティング、夫婦未来会議、ソーシャルアパートメント…多くの進展があった1年間

AsMama、チャリティーサンタ、ピリカ、Coaido、つくばアグリチャレンジ。SVP東京の2015年度投資・協働先が決定!

テクノロジーやニューメディアで世界的な社会課題をいかに解決できるか。「Social Good Summit(ソーシャルグッド・サミット)」東京ミートアップ【イベントレポート】

コミュニティマネージャー・ミートアップで語られた欧米の最新トレンド、6000人のコミュニティからの学び【講演スライドまとめ】
 
 

加藤たけし&佐藤茜(@AkaneSato)夫婦2人の情報発信

インターネット、マーケティング、テクノロジー、コミュニティデザイン、NPO、地域活性、海外、新しい働き方などのテーマにおいて、加藤たけし&佐藤茜( @AkaneSato )の夫婦2人で情報発信しています。

更新情報は以下からもぜひ。
 

follow us in feedly ← RSS登録はこちら
 
最後になりますが、この記事の内容に共感していただけた場合は、Facebook、Twitter、Google+、はてブ等でお知り合いの方に共有いただけると嬉しいです!

これからもできる範囲で記事執筆を頑張りますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


About The Author

加藤 たけし

ソーシャルメディアのビジネス活用コンサルティングを手がける株式会社ループス・コミュニケーションズ所属。ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)パートナー。日本最大規模の読書コミュニティ・読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)発起人 。1983年生まれ。2006年SFC卒。座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる。」 より詳細なプロフィールや連絡先はこちら ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です