• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



Evernote Days 2014 Tokyo 

過去から現在、未来へとつながっていく 「記憶の未来」を考える2日間

 
日本で初めてのEvernoteの大規模カンファレンス「Evernote Days 2014 Tokyo」が7月11日、12日の2日間にわたって日本科学未来館で開催されました。カンファレンスのテーマは「記憶の未来」。特設サイトには以下のように表現されています。

Evernote で仕事をよりスマートに、生活をもっと豊かに。

デジタル化や技術の進化とともに、 情報や記憶もより豊かなものになり、
日常生活や仕事のしかたも変化していきます。

過去から現在、未来へとつながっていく 「記憶の未来」を考える2日間。
ユーザのみなさんと共に創り上げるイベントです。

 
僕自身は2009年12月25日(クリスマスだったとは!)からEvernoteを使い始め、2011年5月1日にアップグレードしてプレミアム会員になってます。Evernote歴は4年半以上、プレミアム会員としても3年以上。茜( @AkaneSato )と結婚してからは、夫婦間の情報共有もEvernoteが中心になりました。

 
そんな僕としては、日本で初めての開催となるEvernoteの大規模カンファレンス「Evernote Days 2014 Tokyo」、参加しないわけにはいきません。残念ながら2日目の一般向けセッションは参加できなかったのですが、初日のビジネス向けセッションには参加できたので、その様子を簡単にまとめたいと思います。

<「Evernote Days 2014 Tokyo」特設サイト>
https://evernote.com/intl/jp/evernotedays/

 
 

シリコンバレーで大人気!「お~いお茶」とIT企業が作る未来

 
「シリコンバレーで大人気!「お~いお茶」とIT企業が作る未来」伊藤園 角野 賢一 氏 
Google、Yahoo、Facebook、Twitter、LinkedIn、Quora、そしてEvernoteなど、サンフランシスコ〜シリコンバレーに拠点を構える名だたる企業のオフィスで、「お〜いお茶」が親しまれていることをご存じでしょうか。この ”お〜いお茶人気” の仕掛人といわれる伊藤園の角野 賢一 氏が『シリコンバレーで大人気!「お~いお茶」とIT企業が作る未来』と題したセッションでは、非常に興味深いお話をお聞きすることができました。

Google、Yahoo、Facebook、Twitter、LinkedIn、Quora、そしてEvernoteなど、サンフランシスコ〜シリコンバレーに拠点を構える名だたる企業名が並びます 
僕は2012年、妻がサンフランシスコで働いていた時に1週間だけ現地を訪問し、「お〜いお茶」の浸透度合いを実感することはできたのですが、こうしてスタートアップ企業へのアプローチ方法を具体的に聞いたのは今回が初めて。この話を聞いた今、またサンフランシスコ・シリコンバレーに行きたくなりました。

<参考記事>

【インタビュー】お〜いお茶から学ぶメイドインジャパンの海外展開
http://blog.btrax.com/jp/2013/06/11/itoen/

【サンフランシスコ滞在レポート】
Apple、Facebook、Google、そしてスタンフォード大などシリコンバレーの名所めぐり
http://atcafe-media.com/2013/01/12/san_francisco_report6/

 
 

EvernoteとSalesforceのコラボが生み出す次世代の働き方

 
EvernoteとSalesforceのコラボが生み出す次世代の働き方

続いて参加したのは「EvernoteとSalesforceのコラボが生み出す次世代の働き方」というセッションです。株式会社セールスフォース・ドットコムの寺本 裕一 氏が登壇され、ビジネスにおける情報連携のあり方を解説。構造化されたビジネスデータはSalesforce、構造化できない情報はEvernoteを活用することによって「いつものツールが会社の資産になる」というスタイルを語ってくれました。
 
 

米Evernoteの若きVP代田 常浩 氏が語る「シリコンバレー流ビジネスキャリアの作り方」

 
スタンフォード大学MBAを卒業後、米Evernote CEO Phil Libin(フィル・リービン)の付き人として世界中を回ってきた代田 常浩 氏について知ることができたのは、個人的には今回の「Evernote Days 2014 Tokyo」最大の収穫でした。

この7月からは若くしてVPに抜擢され、10名弱いる米Evernoteのマネジメントボードの一員として活躍している代田 氏、恥ずかしながら僕は全く存じ上げなかったので…苦笑

米Evernoteの若きVP代田 常浩 氏が語る「シリコンバレー流ビジネスキャリアの作り方」 
ただ、「代田 常浩」と名前で検索してみてもほとんどヒットする情報がない(今回のカンファレンス関連以外でいえば、以下記事くらいでしょうか)ので、実際そこまで知られていないのかもしれません。Evernoteの日本法人を統括するGM 井上 健 氏のモデレートで進行したセッションは、非常に興味深いものでした。

<参考記事>
【Evernote Trunk Conference訪問記】
いま最も勢いのあるIT企業、Evernoteの秘密に迫る
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1209/06/news115.html

 
米Evernoteの若きVP代田 常浩 氏、同世代で活躍しているビジネスパーソンとして、今後さらに注目していきたいと思います。
 
 

日本で初めてのEvernoteの大規模カンファレンス「Evernote Days 2014 Tokyo」

 
ということで、本当に簡単にではありますが、日本で初めてのEvernoteの大規模カンファレンス「Evernote Days 2014 Tokyo」初日に参加してきた感想をまとめてみました。Evernote Businessの普及やエコシステムの今後、教育現場での活用、生産性向上の可能性などについては、これからも引き続き考えていく予定です。もちろん、ひとりのプレミアム会員としても使い続けますし。

日本で初めてのEvernoteの大規模カンファレンス「Evernote Days 2014 Tokyo」
 
あと、僕は残念ながら参加できなかったのですが、2日目の基調講演はMITメディアラボの副所長を務める石井 裕 氏!行きたかったなぁ。

<参考記事>
MIT石井裕教授が提言。「ICT敗戦国」日本を生きるクリエーターに必要な2つのこと ~EVERNOTE DAYS 2014レポート
http://engineer.typemag.jp/article/mit-ishii-evernotedays

 
石井 裕 氏といえば、今回の「Evernote Days 2014 Tokyo」の直前、「MIT Media Lab @ Tokyo 2014」のレポート記事もアップされてました。MITメディアラボの所長を務める伊藤 穰一 氏、そしてパティ・マース氏やスプツニ子!氏をはじめとする豪華メンバーが集結したカンファレンスのレポート記事も、よろしければあわせてご覧ください。

(石井裕氏、スプツニ子!氏にもこのツイートを見つけていただきました。RTいただきありがとうございます!)
 
 
この記事の最後になりますが、今回の「Evernote Days 2014 Tokyo」に参加して改めて実感したのは、Evernoteが多くの人に受け入れられているサービスであり、愛されている企業だということです。もちろん、まだまだ使いづらい部分もありますし、一般ユーザーにとってのハードルが下がる要素は多々あるかと思うのですが、人生をより豊かなものにしてくれるサービスとして、僕はこれからもEvernoteを使っていこうと思います。

まずは夫婦でのEvernote活用、頑張ります(笑)
 
 
<今回の記事と近いテーマのブログ記事>

サンフランシスコ・シリコンバレーで感じた「未来」
http://atcafe-media.com/2013/05/10/sanfranciscoreport/

企業、政府、非営利組織の垣根を超えて活躍するトライセクター・リーダーとは?
http://atcafe-media.com/2014/04/15/tri-sector-leader/

トライ&エラーを繰り返してきた欧米メディア企業4社の先進的な取り組み
http://atcafe-media.com/2013/09/02/media-companies/

「社外同期」を持つということ
〜企業の垣根を壊した次世代新人研修「シェア研修」は次のステップへ
http://atcafe-media.com/2013/08/20/share_training/

「働き方と組織の未来」ゲストスピーカーとして登壇させていただきました
http://atcafe-media.com/2013/08/29/workstyle_speaker/
 
 

インターネット、マーケティング、テクノロジー、コミュニティデザイン、NPO、地域活性、海外、新しい働き方などのテーマにおいて、加藤たけし&佐藤茜( @AkaneSato )の夫婦2人で情報発信しています。更新情報は以下からもぜひ。
 

follow us in feedly ← RSS登録はこちら
 
この記事を執筆した加藤たけしの詳細なプロフィールはこちら。
http://atcafe-media.com/takeshi_kato/
 
最後になりますが、この記事の内容に共感していただけた場合は、Facebook、Twitter、Google+、はてブ等でお知り合いの方に共有いただけると嬉しいです!これからも記事執筆をできる範囲で頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

About The Author

加藤 たけし

ソーシャルメディアのビジネス活用コンサルティングを手がける株式会社ループス・コミュニケーションズ所属。ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)パートナー。日本最大規模の読書コミュニティ・読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)発起人 。1983年生まれ。2006年SFC卒。座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる。」 より詳細なプロフィールや連絡先はこちら ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です