• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

アメリカで初めてゲイであることを明らかにして当選した政治家 ハーヴェイ・ミルク

 
サンフランシスコには、ゲイコミュニティとして有名なカストロという地区があります。私が住んでいた場所から近かったので、2回ほど足を運びました。
 
このカストロでヒーローとして尊敬されているのが故ハーヴェイ・ミルク。サンフランシスコの市会議員で、アメリカで初めてゲイであることを明らかにして当選した政治家でした。

ニューヨークからサンフランシスコへ移り住みカストロでカメラ店を開き、その後市議会に立候補。2度の落選を経て、1977年に3度目の選挙で当選し市会議員になります。市の同性愛者権利法案を後援したりして活躍しますが、議員に就任して1年も経たない内に暗殺されてしまいます。
 
こういった経緯から、ハーヴェイ・ミルクはゲイの権利運動の殉教者と見なされているそうで、今でもLGBTを含む多くのアメリカ人から尊敬されています。1999年には「タイム誌が選ぶ20世紀の英雄・象徴的人物100人」に選出され、2009年にはオバマ大統領によって大統領自由勲章を授与されました。

また、最近オランダのゲイ・カルチャー誌「mate.」の世界を変えた500人のパワー・ゲイで第6位に選ばれていました。
 

彼を記念してカストロ通りの入口に「ハーヴェイ・ミルク・プラザ」というメモリアルサイトが作られています。



 
一緒にカストロ通りに行った友人と、ハーヴェイ・ミルクの生涯を描いた伝記映画「MILK」をDVDで見たんですがこれがすごくよかったです。ミルクが生きていた当時、1970年代頃のゲイやレズビアンの人たちに対する世間の風当たりの強さは今以上だったことが映画から伝わってきます。その状況を変えようと奮闘するミルクと、協力する周りの仲間たち、そして少しずつ社会が変わっていく様子、しかし志半ばで暗殺されてしまうミルク…。

困難な状況でも、自分の信念にしたがって行動し、周りを巻き込んで社会を変えていくミルクの生涯はLGBTに関心がなくても、社会に対しての問題意識があり何かしたいと思っている方の心に響くものがあるはずです。
 
映画の予告編はこちら。2008年に上映されたそうです。 アカデミー賞2部門受賞、8部門ノミネート。

 
映画でも出てくるハーヴェイ・ミルクの最後のスピーチはこちら。


こちらのサイトに日本語訳がありました。
ハーヴェイ・ミルク最後のスピーチ「希望がなければ」

希望がなければ…同性愛者だけでなく、黒人やアジア人や障害者や老人や、マイノリティーの私たちすべてが、希望がなければ諦めるしかない。希望だけでは生きて行けないことはわかっているが、希望がなければ生きていることの価値がないんだ。君、君、君たちみんな、彼らに希望を与えなければ!
Without hope, not only gays, but those who are blacks, the Asians, the disabled, the seniors, the us’s: without hope the us’s give up. I know that you can’t live on hope alone, but without it, life is not worth living. And you, and you, and you, and you have got to give them hope.

 
 
そういえば、去年の11月の大統領選後、当選したオバマのスピーチで似たようなフレーズが出てきました。

黒人でも白人でもヒスパニックでもアジア人でもネイティブ・アメリカンでも、若くても年をとっていても、豊かでも貧しくても、障害があってもなくても、ゲイでもストレートでも関係ない。もしあなたに挑戦する気があるなら、ここアメリカで夢を叶えることができる
It doesn’t matter whether you’re black or white or Hispanic or Asian or Native American or young or old or rich or poor, abled, disabled, gay or straight. You can make it here in America if you’re willing to try.


 
ここを翻訳してツイートしたらたくさんRTされました。

 

オバマのスピーチの全文翻訳はこちらから読めます。
バラク・オバマ米大統領、再選のスピーチ 全文和訳(gooニュース)

アメリカの大統領として初めて同性婚支持を表明したオバマ大統領。ハーヴェイ・ミルクの考え方からインスパイアされているところがあるかもしれないですね。

 
カストロ地区に象徴される「多様性を認めよう」というサンフランシスコの空気、好きでした。日本にもゲイやレズビアンの友人・知人がいるのですが、まだなかなかカミングアウトをするのはたいへんそうです。
 
こちらLGBT支援活動をしている前職の同僚のひろこさんと恋人の小雪さんのサイト。応援してます。
http://www.3couleurs.co.jp/
 

サンフランシスコのCity Hallにあったハーヴェイ・ミルクの胸像。


 

インターネット、マーケティング、テクノロジー、コミュニティデザイン、NPO、地域活性、海外、新しい働き方などのテーマにおいて、加藤たけし&佐藤茜の夫婦2人で情報発信しています。

更新情報は以下からもぜひ。
 


follow us in feedly ← RSS登録はこちら
 
最後になりますが、この記事の内容に共感していただけた場合は、Facebook、Twitter、Google+、はてブ等でお知り合いの方に共有いただけると嬉しいです!これからも記事執筆をできる範囲で頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Tagged with:
 
About The Author

佐藤 茜

1984年福島県生まれ。大学卒業後、人材系ベンチャーで新規事業立ち上げやマーケティングを担当。ニューヨーク留学、東北復興支援NPO、サンフランシスコのクリエイティブ・エージェンシーでのインターン等を経て、衆議院議員の広報担当秘書に就く。NPO法人ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)パートナー。 より詳しいプロフィールはこちらから↓

5 Responses to 「弱者に希望を」ーサンフランシスコの英雄、ハーヴェイ・ミルクが起こした革命

  1. 松崎洋介 より:

    ゲイの人とは友人を通して関わりがあります。
    思い返すと、好奇心で覗いてみようとするものの、本心では遠ざけていることに気付きます。これはマイルド目なホモフォビアだと思い、認識と行動を改めています。素晴らしい記事と映画の紹介をありがとうございます。

  2. […] 「弱者に希望を」ーサンフランシスコの英雄、ハーヴェイ・ミルクが起こした革命 […]

  3. […] 「弱者に希望を」ーサンフランシスコの英雄、ハーヴェイ・ミルクが起こした革命     <今回の記事と近いテーマのブログ記事> […]

  4. […] ■「弱者に希望を」ーサンフランシスコの英雄、ハーヴェイ・ミルクが起こした革命 […]

  5. […] ■「弱者に希望を」ーサンフランシスコの英雄、ハーヴェイ・ミルクが起こした革命 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です