• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 
世界最大のDIYの祭典であり、家族でも楽しめる、発明と創造に役に立つ情報が満載の展示会「Maker Faire」をご存知でしょうか。エレクトロニクス、サイエンス、ロボット、アートなど異なるジャンルの作品を展示し、作り手(Maker)たちがものづくりの知識や経験を共有したり、交流したりする国際的なイベントです。日本でも2008年から開催されてきた「Make:Tokyo Meeting」が、今年からさらにクリエイティブに「Maker Faire Tokyo」として生まれ変わり、12月1日(土)〜2日(日)に開催されています。

サンフランシスコのベイエリアで開催された今年のMaker Faireには、なんと11万人以上もの人々が訪れたとのこと。全世界で広がってきているMakerムーブメントを体感したいと思い、僕も1時間弱だけでしたが本日参加してきました。

<参考URL>
Maker Faire Tokyo 2012:http://makezine.jp/

 
出展していたMakerは、技術愛好家からクラフト作家、教育者、ホビースト、エンジニア、アーティスト、学生、企業など非常に多岐に渡ります。会場の様子はこんな感じ。17時までのところ、僕は16時を過ぎてからやっと会場入りできたのですが、すごい熱気でした。


 

■日本の新しい「メイカーズ」と製造業の未来を考える

 
日本の新しい「メイカーズ」と製造業の未来を考えるうえでやはり外せないのは、クリス・アンダーソンでしょう。「ロングテール」のコンセプトと言葉を世に知らしめ、次いでビット世界における無料経済モデルを「フリー」という概念として提唱したクリス・アンダーソンの最新刊「MAKERS」では「メイカームーブメント」の実像を描き出されています。また、11月9日に六本木アカデミーヒルズ49にて開催された「WIRED カンファレンス2012」においてクリス・アンダーソンが伝えたメッセージは、以下特設サイトにて収録動画全編が期間限定で公開中されてます。

<WIRED CONFERENCE2012 特設サイト>
「THE MAKER MOVEMENT 新しい産業革命が始まる」
基調講演の収録動画全編(2013年1月11日までの期間限定公開)
http://wired.jp/conference/streaming01.html

 
メイカームーブメントにおける重要な変化として、オープン・イノベーションの台頭が挙げられるのは間違いないでしょう。しかし、Co-Creation(共創)の考え方が伝統的な日本の製造業に根付いたとはまだ思えませんし、むしろ最も苦手な部分でもあるとも言えます。クラウド・ファンディングが少しずつ浸透してきて、モノを生み出すフェーズはかなり進化を遂げてきているはずなので、「製造業大国」と呼ばれてきた日本が持つ可能性はさらに広がっていくと信じています。上述の動画はまだ全ては見れていないのですが、これから年末にかけてじっくり見る予定です。
 
 
参考までに、僕が今日30分ほどで回ったMaker Faire会場内を写真で簡単にレポートします。Maker Faire Tokyo 2012は明日(12/2)まで開催中なので、もしご都合がつく方はぜひ足を運んでみてください。

Maker Faireの入口はこんな感じです。ここから先は有料エリアで、当日券は1500円です。前売りは1000円。

Maker Faireのサイエンスライブラリーエリアは無料で入れます。ここだけでも結構充実してました。

3Fにはプレゼンテーションスペースも。これを無料で聞けるのは嬉しいですね。

7Fのワークショップエリアです。夕暮れ時の景色も素敵でした。

Etsyのブースも発見!

ニコ生企画放送局もありました。

<参考URL>

クリス・アンダーソン:わたしがメイカームーヴメントに重要な意味を見いだした理由
http://wired.jp/2012/11/28/wiredconference2012-chrisanderson/

田中浩也:日本におけるデジタルファブリケーション、そのポテンシャル
http://wired.jp/2012/11/30/hiroyatanaka/

誰もが「作り手」になれる時代、エンジニアの存在価値とは?
~『MAKERS』著者クリス・アンダーソンに聞く
http://engineer.typemag.jp/article/chrisanderson

 

インターネット、マーケティング、テクノロジー、コミュニティデザイン、NPO、地域活性、海外、新しい働き方などのテーマにおいて、加藤たけし&佐藤茜( @AkaneSato )の夫婦2人で情報発信しています。更新情報は以下からもぜひ。
 

follow us in feedly ← RSS登録はこちら
 
この記事を執筆した加藤たけしの詳細なプロフィールはこちら。
http://atcafe-media.com/takeshi_kato/
 
最後になりますが、この記事の内容に共感していただけた場合は、Facebook、Twitter、Google+、はてブ等でお知り合いの方に共有いただけると嬉しいです!これからも記事執筆をできる範囲で頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Tagged with:
 
About The Author

加藤 たけし

ソーシャルメディアのビジネス活用コンサルティングを手がける株式会社ループス・コミュニケーションズ所属。ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)パートナー。日本最大規模の読書コミュニティ・読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)発起人 。1983年生まれ。2006年SFC卒。座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる。」 より詳細なプロフィールや連絡先はこちら ↓

One Response to Maker Faire Tokyo 2012に参加して考えた、日本の新しい「メイカーズ」と製造業の未来

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.